カテゴリ:冥亭倶楽部( 38 )

d0096542_18123829.jpgこないだの土日は毎年恒例「結社ならざる結社」の歌会&パーティへ。今年初参加の方と一緒に過ごしましたが、彼女が「立食パーティと聞いたので、」と言うので「あれ?去年はゆったり座ってたけど…」と思ってたら、「立食」だったのはかつて盛況だった時代のおはなし・・・( ̄  ̄;)
まあね、今年はお食事タイムの終盤にその場で焼きたてサイコロステーキ♪o(^O^)o←普段、お肉は苦手なんすが、目の前でブランデー追加して炎がぼっ!…そら、そそられるってば♪…それぐらいかなぁ〜? デザート&コーヒーをちゃんと持って来てくれる余裕があるので、その方が良いんでねーの?、etc. …お食事会ぢやないって!(^。^;)

「主体」が亡くなってはや三年。ご家族が引き継いで「主宰」は出来ても、精神的支柱とは成り得ないワケで、そろそろ新しい「在り方」を提示してもらいたいもんだけど…。少なくとも年会費を徴収してるんなら、年度末には会計報告を出して欲しいもんだ。(それもしないで)「結社ならざる結社」なんて言われても、そりゃ詭弁にしか聞こえませぬわいなぁ〜★( ̄  ̄;)


【こぼれ話】閉会の辞に登場したのは、「蔦きうい」氏・・・え”?この人がぁ〜?\( ̄  ̄;)/みたいな、名前と風体がイレギュラーな方でしたが、それよりびつくりしたのが、「詩吟短歌」で〆た事…。今や「詩吟」といえば、お笑いの天津なんとかの「エロ詩吟」しかアタマになかったので、本格的に演られると、やはりソレがアタマにあるヒトはかなり戸惑ったそーです★(^^;)
[PR]
(んむ?広島vs中日、何と広島のサヨナラ勝ち☆これは面白い♪
 ちなみに、甲子園での伝統の一戦は、局部的な大雨で5:30に中止)

・・・すんません、右耳でラジオ、左目でテレビ、なもんで…(^^ゞ
3種類のメディアを同時に視聴する癖は、バブリーに忙しかった
時代から、ち〜とも変っとらん(当時はPCがなかったので新聞)★
そこまでして、情報を掻き集めてるワケでもないのですが、
特に耳の暇なのが落ち着かないので、何かしら点けてるワケで…。

こーゆー奴が、たま〜にすべてのアクセスを断って、
ノートにペンで集中すると・・・「短歌モード」に入ります☆

歌誌の締切の半月前までには、下書きを抜粋してひと通り組み立て、
後は納得いくまで、清書を繰り返すのが「産みの苦しみ」
今回はコレに悩まされました〜o(>_<)o
月刊・隔月刊なら作る方が大変だと思いますが、ウチとこは
一応季刊=年に4冊とは限らないけどぉ〜(^^;)なんで、
書き溜めたものが2シーズンにわたる場合がほとんど。
特にずいきちは、元々俳句ベースなので「季」を入れる癖があるので
余計面倒です。今回も「桜」から「夏至」までの幅が出来てしまい、
組み立てに難儀しました。が、結局(ウィンブルドン明けに)
思い切って半分に刈り込む事で納得=妥協?の歌稿に…(^^;)

「遅刻はしても締切は死守!」がモットーのずぼらずいきちも、
少しばかしオーバーしましたが、「ばっさり感」にひと安心♪
ようやく、おビールが呑めました〜(ルネッサ〜ンス♪\(^o^))


宵闇の銀砂 白馬の駆け抜けり 或いは角のなきユニコーン

・・・と6月22日付で詠んでますが、残念ながらユキチャン号は
折角1枠1番引いた次のレース、じんましんで欠場だそうで…(T_T)
ちなみにお兄ちゃんは、こないだ初の芝レースで完敗でした〜(T▽T)

[PR]
ootugomori

  つごもりの霞かと見ゆ蕎麦の湯気  誰鬼

本年も何かとお世話になりました。寒波厳しき折り、
皆さまにはどうぞよいお年をお迎えになりますように…m(_"_)m



[PR]
きょうはまたアホほどええ天気でしたな。
夕方、久しぶりに落日でも…と空を見てびつくり\(・o・)/☆
ちりもかすみも、雲ひとつない、完璧な晴天のままでした!
日中なんぼ晴れてても、夕刻には西の空には夕焼けのアクセントの如き
イワシ雲が湧いてくるもんですが…。ひとっかけらもないんだもの。
(しかも、数日見ないうちに、日没の方角が南に移動して建物の陰に隠れた〜)

明日ははや栗東、もとい、立冬なんですね。でも、最高気温20℃前後…
ラジオ深夜便のアナ、「もう長袖ですかぁ〜?」とはどーゆー感覚ぢや?o( ̄  ̄;)


ところで、きのうの朝の事です。ずいきちは、まだ寝床で新聞を拡げながら、
いつもの10時のNHKニュースを見ていました・・・「ずんっ!ずんっ!」と下から
突き上げるような衝撃音(丁度、隣の敷地で杭打ちしてる感じ?)と上下動を
感知★\( ̄O ̄;)/「ぢしんやぁ〜!えらいぢしんやぁ〜!」・・・と、騒ぐも、
その後に来るはずの「ぐらりぐらり」の横揺れは寸止め状態で、鎮まりました。
生憎、テレビは東京発。ならば大阪のラジオ…あれ?どことも平気で喋ってはる…
何だかけつねにつままれたような気分で、ようやくニュースの終りがけに出た
速報テロップを見ると「大阪南部、奈良で震度3」・・・うっそお〜?!

お陰で眠気も吹っ飛び、パソ子を立ち上げてウェザーニュースの地震詳細を
チェックしますと…震源が大阪と奈良の県境、丁度葛城山の辺りかな?
深さ10km、M4.0で、震度3はいわゆる南河内から近つ飛鳥と呼ばれる辺り。
震度1の分布も近畿の内部止まりで、なるほど、放送局のある大阪北部では
「ちょっと揺れた?」ぐらいだったのね。(放送局がよっぽど堅固なのかと疑ったぞ)

ついこないだ、各地の活断層が本気で動いたら、どんだけ〜!の震災規模になるか
を発表してましたが、こちらでは大阪市を貫く「上町断層」も怖いですが、
実は奈良との県境の山並(ちょくちょく写真に撮ってる、アレね)が、
元々は火山帯だった★ちう歴史の方がダイレクトに怖いです。はい…
[PR]
まずは、これまで豪雨被害の方面にお見舞い申し上げると共に、これから豪雨予想の方面もどうぞお気をつけ下さいませm(_"_)m

その上で、せめて除湿専用機でもええから、欲しいよお〜(T_T)


  梅雨寒や下ろしたシャツの後ろ前  誰鬼

『非天の笑み』(夏らしい句)に触発されまして…。


♪追伸♪ このブログからメール出来るようになりました。(…って、初めから出来るんですが、きょう初めて見つけた…f(^^;))「リンク」の最後に載せましたので、プライベートなご用には是非ご利用下さいませm(_"_)m
[PR]
・・・いかん、いかん。先日来ラファの大きな瞳が灼きついたままだわ…☆

午前中には曇り空の下(もと)、東から南まで山並がくっきり見えた。
今や南側には薄日すら射しているが、北側にはすでに雨雲が押し寄せ。
部屋に吊ってある洗濯物は案外順調に乾きつつある、しかし。
南洋から台風4号が、ただでさえ末期の活動期にある梅雨前線を
刺激、どころか予想進路では本土直撃のおそれさえ出て来た。

西日本各所の祇園会は、この時季の疫病除けが基本である。
というのが身体で理解出来る、きのうきょうの湿気。
ベトナムの気温と湿度がどの程度かは知らんが、
オシム監督の大カミナリはご無理ごもっとも★同感です。
「走れよ!!」o( ̄  ̄;) さもなきゃ撃たれるオシムの世界…

ところで、高原の薄ぺったいロン毛…アレどうにかなりませんかね?
元の坊主の方がまだ似合ってたのに…(= =)←ロン毛 or 坊主☆
中田ヒデはモナコで住民権を得てセレブの仲間入りだとか。
まあ、そんな程度な奴なんでしょーね。私は一生ゴン中山です♪

(などと徒然してるうちに、南側も曇ってきました。豪雨にはご注意!)
[PR]
七夕さんは旧暦で行うべきだ☆と毎年言わずにはおれない、
この梅雨のドツボ…
( ̄  ̄)けろろ♪

先日、英国スコットランドはグラスゴー空港で(ケガ人すらなかったが)自爆テロ的な事件があり、その以前にも車から爆発物が見つかったりで、結局「外国人医師」数名が逮捕された。この時の地元紙の大見出しが「DOCS OF WAR」…言い得て妙とはこのことなり。
「DOGS OF WAR」(これって慣用句?)に doctors の省略型をひっかけた語呂合せなんだけど、時代の雰囲気と微妙にマッチして、流石に英語表現は便利だの〜と思った次第。

“「幸」には「しあわせ」の意味は無い”、と呉智英が書いていたので、ふ〜ん?と思いながら、漢和と国語と両方の辞書を引いて確かめてみると…なるへそ、そーゆー意味か〜♪と納得いった。
つまり「しあわせ(仕合せ)」=「めぐりあわせ、運が良い(もっぱら肯定的に)」で、一般に「幸せ〜♪」ちう心理状態を指すのは「さいわい(幸い)」=
「その人が望む状況にあること」の方なのだった。

☆しあわせ=Lucky!
☆さいわい=Happy♪

多分、英単語にしてこれぐらいの差異はあるだろう…まあしかし、「人間万事塞翁が馬」がモットーの私には「Lucky=Happy」でもないので、「幸いなるかな、心貧しき者よ」も「いわんや悪人をや」も右から左へ受け流す〜( ̄。 ̄)♪

[PR]
日曜の深夜に、自分の趣味モノが次々媒体に載っかる事がある。
ゆんべがまさにそれで…まずはラジオ深夜便の「ラジオ歳時記」
俳句界の人気宗匠・鷹羽狩行(たかは・しゅぎょう)さんが、
おばさんアンカー・宇田川清江さんと季節のお話&添削指導する
何かとても勉強になる珠玉の番組☆なんですがぁ〜、元々はね
金曜の11時台にやってたのよ。それが「ケータイ」に押し出されて…
ご年配のファンの方々は「そこまで起きてられるかーい!」とご立腹。
むしろケータイ人は深夜強いやろ?…あ、未成年が多いか…( ̄  ̄;)
こーゆー場合、切られるのは年配者の方であるのが世間の常。嗚呼★

それはともかく、ゆんべのお題は「竹」でした。この季節、竹は秋であり、
或いは雨後の竹の子の描写(蕪村、一茶)とか、なかなか興味深いです☆
その後、毎度の締めとして、何年やってても「初心者」の看板が取れない
宇田川さんが懸命に書いて来た「きょうの一句」を狩行センセが情け容赦なく
(?)添削指導するコーナーです(^^;)…これがなかなかたまりませ〜ん♪

「もう一度振り向いて見たいぐらいの、紫陽花の青」を詠んだ宇田川さん☆
狩行センセ、まず「何が “青” なんですか?」
宇田川さん、「…え?…紫陽花ですが…?」

賢明な読者の方はもおお気づきでしょうが、初心者の陥り易いワナとして
「紫陽花だから、青なんだもん♪」ちう設定自体を指摘されてるんですねー。
しかもご婦人方にありがちな「好きなものが一番良いの♪」も含めて、ね。
センセの添削は「紫陽花の毬(まり)」でした。なるほど、これなら
色指定がされてないので、読者の心の色が反映出来ますね(^^)v☆

・・・などとお勉強のあとは、F1アメリカGP☆また開始時刻が遅ーい!
その上、リタイア続出ー!佐藤琢磨がどうやらペナルティくらった、ちう解説があって、あ〜あと思ってたら彼もまたリタイア。直後にテレビのタイマー切れてそこから爆眠いたしました_(− −)_zzz ペナルティくらうぐらいならってんで、ワザとリタイアした…ワケではなかろーな? ハミルトン、連覇。タイガーよりすげえ!☆

aqua_baby

[PR]
aqua_1

ようやくこの辺りもぽつぽつ雨で梅雨入りです♪
昨年は6月一杯熱波に襲われて、さしもの紫陽花も立ち枯れ状態でした。
ほんで今年、再び紫陽花のシーズンになって思ったのですが・・・
アレって、なんぼ干涸びても「散らない」ですよね?
実のところは「萼」なので、花びらのようには「散れない」のかも。。。
ちょっと不憫な気もする、愛すべき紫陽花です(^^)♪


紫陽花を断ち伐る男ねがはくはわれに与へよ真青なる水 誰鬼
[PR]
d0096542_15322595.jpg深夜とお昼前の大雷雨を遣り過ごして、「神變忌」の午後は爽やかな晴れ間に♪ さっそく雨粒の乾かぬうちに「紫陽花ロード」へ…去年がほぼ全滅だった反動で今年はどの株も見事なてんこ盛り☆眺めてるだけでおなか一杯〜(^。^;)…撮ってるうちに陽が射してきて、何と3年連続「陽光の紫陽花撮影」となりました。

今年は特に白花がキレイです♪ピンク系ってデジカメでは何故か薄紫に…( ̄  ̄;)見た通りの色目に撮るのは難しいですねー☆


[PR]
←menuへ